AGAの基礎的なことを知る

AGAだと分かった時の対処法

近年、若年層でもその症状に悩む人が増加しているAGAですが、何も分からずに対応するとかえって逆効果になり症状を悪化させてしまう恐れもあります。ここでは、適切にAGAの対処をするためのAGAの基礎知識やその対応法などをお伝えします。

AGAが発症するメカニズム徹底解説!

薄毛の原因となるジヒドロテストステロン

男性が抱える悩みのひとつとして、毛髪が薄くなるということがあげられます。男性型脱毛症はAGAとも表現されていますが、薄毛の進行を防ぐためにも、髪をより長く良い状態で保つためにもAGAが発生する原因、メカニズムを知っておきたいところです。髪が薄くなる原因はストレスや生活習慣や食生活の乱れもあげられますが、遺伝的な要素や男性ホルモンによる影響は大きいとされています。

現在では男性ホルモンのテストステロンが5α還元酵素と結びつくと発毛を抑えてしまうジヒドロテストステロンに変換されると言われています。それゆえに薄毛の進行を防ぐにはジヒドロテストステロンの発生を抑える必要があります。現在ではAGA治療も進化しており、多くの人がその悩みを解消できるようになりました。

フィナステリドによる治療

AGA治療にも様々な種類がありますが、初期の段階の場合は薬での治療で良い効果が期待できます。AGA治療薬にも色々な種類がありますが、特にプロペシアは良く知られた存在です。プロペシアの有効成分はフィナステリドです。フィナステリドは5α還元酵素を阻害し、ジヒドロテストステロンの発生を抑えるのに役立ってくれます。この薬は一日一回、一錠飲むだけで良いので無理なく続けられるのもメリットです。より良い改善を得るのであれば頭皮の血行を促進させて発毛をうながすミノキシジルを併用するのも良いでしょう。

薬の効果はすぐに出るわけではありませんので、初期に良い結果が得られない場合も数か月は続けていきたいところです。実感が得られた場合もすぐにやめてしまうと髪は元の状態に戻りますので、さらに継続して治療を続けることになります。