AGAの基礎的なことを知る

AGAだと分かった時の対処法

近年、若年層でもその症状に悩む人が増加しているAGAですが、何も分からずに対応するとかえって逆効果になり症状を悪化させてしまう恐れもあります。ここでは、適切にAGAの対処をするためのAGAの基礎知識やその対応法などをお伝えします。

どんな人がAGAになりやすいの?

AGAは遺伝的な要因と生活習慣の乱れ

男性型脱毛症のAGAは、20代以降の年齢になると、頭頂部や側頭部などの頭髪が薄くなってくる病気です。AGAに罹りやすい人を知っておきたい人が増加しています。父親や祖父、叔父などの身内に、薄毛の人がいる場合は多少は遺伝的な要因もあるため、罹りやすいと言えます。遺伝的な要因も多少はありますが、生活習慣の乱れや睡眠不足、ストレス、間違ったヘアケアなどもAGAの原因です。喫煙や飲酒などの悪い習慣があると、体の血流が悪くなってしまい、毛髪が細くなってしまったり抜けやすくなります。毛髪は眠っている間に作られているため、不眠などで睡眠不足気味の人もAGAの症状が見られることもあります。不規則な生活を続けている人は、朝型の規則正しい生活を送ることが大事です。

AGAは間違ったヘアケアで悪化しやすい

働き盛りの男性は、多忙な生活をしている人が多く、コンビニやスーパーマーケットのお弁当や外食などで、簡単に食事を済ませている人が少なくありません。食事が偏ってしまうと、ビタミンやミネラル、タンパク質などの毛髪に欠かせない栄養素が不足してしまいます。毎日栄養バランスの良い食事を作るのが難しい場合は、サプリメントなどで不足しがちな栄養素を補うことも大事です。男性型脱毛症のAGAは、間違ったヘアケアが原因で悪化することがあります。洗浄力が強すぎるシャンプー剤を使用していたり、すすぎなどが足りない場合は、頭皮環境が悪くなる原因になります。弱酸性で低刺激なシャンプー剤を使用したり、しっかりとすすぐことも大事です。